笑顔の女性

業務の効率化を図るなら介護ソフトを導入してみませんか

● SITE MAP ●

介護ソフトはデータの共有がしやすくミスを防ぎやすい

車椅子

介護ソフトは、介護現場の情報管理に特化したソフトです。介護ソフトを提供する会社のサービスを購入することで利用できるようになります。介護ソフトの導入のメリットは様々ありますが、特に情報の共有がしやすくなることが一つ挙げられるでしょう。クラウド型であれば、データの保管はサーバー上になされるので、タブレットやパソコンから介護記録を閲覧することができます。そのため、職員同士の連携がしやすくなって、情報の行き違いがなくなります。もちろん、セキュリティ管理はきちんとしているので、何処から見られるといっても管理外のことはできませんので、情報漏洩がなされる心配はありません。そして、サーバーにデータが管理されるということは、職場のパソコン上にデータがあるわけではないので、例えば故障してしまったという時でもデータが消えてしまう心配はありません。大切なデータはきちんとサーバーの方で保管されており、バックアップは介護ソフトの会社がしっかり行って管理しているので、気にする必要もなくなります。その他、情報が専用ソフトで一括して管理されるので、閲覧できるだけではなく介護の場で活用しやすいです。例えば、日々の介護の進捗状況を利用者ごとに記録しておくことができます。

介護ソフトで情報管理コストが下がるメリット

様々な分野でデジタル化が進みつつある現代ですが、介護の現場でも介護ソフトの導入というデジタル化が進みつつあります。介護ソフトは導入するのにお金がかかりますが、アナログな方法で情報を管理するよりも効率が良くなるので、お金を払ってでも導入する価値はあります。例えば、大量の紙を管理する必要がなくなるので、紙代を削減することが可能です。また、紙に印刷した情報を管理するとなれば、それを紛失しないように管理するコストもかかってしまいます。その点、介護ソフトはデータをすべてデジタルの形で保管できますし、適切にバックアップをとっていれば物理的に情報が消えることがありません。クラウド型の介護ソフトであれば、その管理自体も介護ソフトの会社がやってくれるので、さらに管理コストはなくなっていきます。情報の流出という観点でも、紙は紛失しやすいですが、データはセキュリティと扱う人の意識次第で紙で管理するより流出しにくくなります。
以上のように、介護ソフトの導入により情報管理コストが下がるため、それに必要な人件費も抑えることが可能です。また、その分を別の業務に充てることができるようになるので、少人数でやっている介護施設では一人一人の負担が軽くなります。

介護ソフトでラクラク介護管理

現代に介護は必要不可欠となりました。しかし介護従事者の負担は増えるばかりです。そこで役立つのが介護ソフトです。介護ソフトとは、今まで手書きして紙で管理していた介護記録を電子化、つまりweb管理できるソフトです。紙ですと破損や汚れの心配がありますので、保管に注意が必要です。また、保管期間を経て処分することになっても、忙しい最中に破棄作業はなかなか大変です。紙での管理をなくせば、用紙代の削減は確実となります。更に誰が見ても一目で分かるシステムですので、介護者の出入りや時間的に交代のタイミングでも管理引き継ぎがスムーズです。金銭面では入出金の管理も出来ます。入居者の管理はもちろん、予定表、報告書、面会者の管理も可能です。面会者の管理は紙ですと、どうしても書き忘れが発生しますので、意外に手間がかかります。しかしデータベースに入っていれば履歴も見れますので、いざという時の該当者探しも楽です。
介護ソフトの導入によって、介護従事者が少しでも楽になり、介護される人に少しでも多く笑顔を見せられることも見込まれます。管理を簡素化するだけで介護者の心身の疲労は減りますので、ぜひ一度、気楽に導入してみることをおすすめします。

しかし介護ソフトと言っても世の中には多種多様な製品が出回っており、ひとつに絞り込むのはなかなか大変です。もし選べないという時は【株式会社グッドツリー】のソフトをおすすめします。操作はとても簡単で誰でも扱いやすく、クラウド管理なのでデータ消失のリスクもありません。この会社の介護ソフトを使って、仕事を効率的に進めてみましょう。

● PICK UP ●

● MENU ●

TOP